Realmac software – Courier

Realmac software から リリースされた “Courier”。「配達人」の名を持つこのアプリケーションは、封筒 (envelope) と切手 (stamp) をモチーフとして、ファイルをオンラインの共有サービスにアップロードする。これまでにも美しいビジュアルの UI を生み出してきた Realmac software が、遊び心いっぱいの UI で送り出した、珠玉のソフトウェアである。

アイコンは配達人らしい、メッセンジャーバッグをモチーフにしている。緑がかった青を基調として、絶妙なコントラストで描かれている。またステッチの表現や、Realmac software の頭文字から “RMS” とプリントされている表現など、細かい部分までしっかりと描き込まれている。

最初の起動直後にはビデオによるデモが観られる。最近よく見られる手法であるが、ユーザーが使い方に迷わないもっとも確実な方法であろう。

UI は、封筒の並んだ棚をイメージしたものである。棚のモチーフは近年の流行であろうか。また木目調も最近は多く見られる。注目したいのは画面中央下に見られるスイッチ型のコントロールだ。iPhone の標準 UI である UISwitch が登場して以来、この形のコントロールはデスクトップにも普及してきた。Courier ではこれを、封筒のモードと履歴のモードを切り替えるのに用いている。

封筒が並ぶ表示

履歴が並ぶ表示

さて、このアプリケーションを購入するまではデモモードとして5回までの試用ができる。このときウインドウ右上には、残り試用回数が表示される。ウインドウ右上に試用中の表示をするのは最近のシェアウェアにありがちなことであるが、このように少し凹ませるような表現は目新しい。いずれにしても、ウインドウのタイトルバー部分に自前で何か描画するのは今後も流行していくだろう。

このボタンをクリックすると、購入を促す画面が表示される。このときアプリケーションの内部か、ウェブブラウザかのどちらかで購入できる。アプリケーション内からスムーズに購入できることで、購入までの敷居を少しでも下げようという姿勢が垣間見える。